Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

私に万一のことがあった場合、私がもらえるはずだった年金を妻に遺せますか?

結論から申し上げれば斎藤様の死亡時より、奥様は遺族厚生年金と中高齢寡婦加算という遺族年金を受給できます。ただし、遺族年金のしくみは複雑で、どういう働き方をしていた方がいつ亡くなったのか、その時に遺されたご家族がどういう構成であるのかによって変わってきます。

同居している父が財産の全てを私に遺すと言います。他の姉弟から請求されたら分けなければならないのでしょうか。

同居している父が財産の全てを私に遺すと言い、遺言書を書いてくれるようです。母は既に他界していますが、私には姉と弟がいます。他の兄弟にも遺産をもらう権利があると知人から聞きました。遺言書があっても姉と弟に分けなければならないのでしょうか。どのようなことなのか教えてください。

65歳の再退職が迫り、老後が心配でお金を使うことができません。お金の使い方や貯蓄の方法などはどう考えればよいでしょうか

60歳で退職した後、現在は継続雇用制度を利用して元の会社で働いています。その後は年金で暮らしていくことになるかと思います。貯蓄は退職金が殆どでそれほど多くはありませんが、資産運用などを始めるのが良いのでしょうか。
1ページ中6件目