なかなか貯蓄ができません。勤務先には社内預金も財形の制度もありません。何か良い方法があるでしょうか。

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

今回、回答いただく先生は…
森田 和子先生(もりた かずこ) プロフィール
  • 銀行などの積立預金が利用できます。
  • 投資信託を同じ金額で買い増していく積み立て投資もあります。
  • 自動送金・自動入金サービスでも貯まる仕組みが作れます。

  内田 晴樹さん(仮名 26歳 会社員)のご相談

なかなか貯蓄ができず、このままではいけないと思っています。貯められない人は給料からの天引きで貯めるのがいいと聞きましたが、勤務先には社内預金も財形の制度もありません。何か良い方法があるでしょうか。

内田 晴樹さん(仮名)のプロフィール

家族構成
家族 職業
本人(26歳)独身会社員

毎月決まった日に同じ金額を積み立てるサービス利用しましょう。
銀行の自動送金・入金サービスでも貯まる仕組みが作れます。

こんにちは、内田さん。ご相談ありがとうございます。給与天引きで社内預金や財形貯蓄をすると、その分の収入はないものとして生活することになります。確かに貯める効果は高いですね。給与天引きの制度がなくても、他の方法を使って自動的に貯まる仕組みを作れば、給与天引きの貯蓄と同様の効果が得られます。ポイントは「毎月一定額」を続けることです。詳しく確認していきましょう。

銀行などの積立貯蓄を利用する

内田さんの給料は毎月銀行口座に振り込まれています。この口座に「積立預金」を設定することを考えてみましょう。
積立預金(定期積立預金、自動定期積立貯蓄)とは、毎月同じ日に、自分が指定した金額を自動的に普通預金口座から定期預金口座に預け入れるものです。
日本では低金利が続いているため、利息によって増える魅力は乏しいのですが、積立預金を組んでしまえば自動的にお金が貯まっていきます。金利が低くても元本は保証されるので比較的に安全性は高いと言えます。
また、公共料金やクレジットカードの支払いなど、普通預金口座からの引き落としで残高が不足する場合に積立預金や定期預金があれば、その残高の90%を限度に自動融資が受けられるのが一般的です。返済は普通預金口座に入金しておけば自動的に行われます。ついうっかり残高不足になるのを防ぐためにも役立ちますね。

投資信託を同じ金額で買い増していく積み立て投資も検討する

順調に貯められるようになると、「せっかく貯めるなら投資をして増やしたい」と考える方も少なくありません。投資信託なども定期的に一定額を買い付けることができます。中でも税金が優遇される「つみたてNISA」は若い世代の関心も高くなっています。
「つみたてNISA」とは、少額からの長期・積立・分散投資を支援するために、投資から得られる分配金や譲渡益などの利益を最長20年間非課税にする制度です。「つみたてNISA」の投資商品は、手数料が低水準で、長期・積立・分散投資にふさわしい投資信託などに限定されているので、投資先を選ぶのが難しい初心者にも利用しやすいものになっています。投資額は毎年40万円が限度ですが、毎月100円から投資できる証券会社もあります。
本来、投資は給与の3か月分程度の貯蓄ができてから始めるのが望ましいのですが、少額であれば定期預金などと並行して積み立てでの投資を始めてもよいのではないでしょうか。

ネット銀行の自動入金サービスで貯まる仕組みづくりをする

銀行などの「自動送金サービス」は、別の口座に毎月振り込みをするサービスです。通常は家賃支払いや仕送りなどで毎月振り込みが必要な場合に利用するものです。これを利用して別の口座にお金を振り込めば、自動的に積み立てることになります。振り込み先によっては手数料がかかる点には注意が必要です。
逆に、ネット銀行にある「自動入金サービス」では、毎月別の口座から一定額を引き落として入金するサービスです。住宅ローンを組み、別にある給与の振込口座からローン返済分を振り込みたい場合などに利用しますが、この仕組みで積み立てることもできます。若い世代ならネット上で様々な手続きが済むのをメリットに感じられるのではないでしょうか。こちらは手数料無料が中心です。
自動送金サービスも、自動入金サービスもお金を移動させるだけですが、入ってきたお金をどこに置いておくかの違いによって使い方も変わるはずです。普段は使わない口座にお金を置いておくことで貯められる場合もあるので、これらのサービスの使い方によっては貯める効果が高くなります。

今回は大きく3つの自動的に貯める方法をご紹介しました。この中の1つに限らず、複数の仕組みを利用することで貯めるスピードが加速します。せっかく貯める気持ちになったのですから、今月からスタートしたいですね。どの方法についても、利用する場合には、複数の金融機関のサービスを比較して自分に合ったところを選ぶようにしましょう。


今からだと、NISAとつみたてNISAは、どちらがよいでしょうか?
定期預金だけではもったいないと友人に言われました。投資は不安ですが少しは興味があります。何から始めればよいでしょうか。
ムダ遣いをしているつもりはないのですが、なかなか貯蓄ができません。 どうすれば貯まるでしょうか?