[表1]遺産(3500万円)をどう活用する?→運用例

Pocket
Facebook にシェア
LINEで送る
このエントリーをはてなブックマークに追加

郵便局で取り扱っているニュー福祉定期は遺族厚生年金や障害基礎年金など公的年金の受給者が利用できる1年ものの定期預金です。金利は「1年定期貯金金利」に1%が上乗せされます。預け入れ金額は1人300万円までです。
銀行やJAなど民間の金融機関の中にも「新型福祉定期預金」を取り扱っているところがあります。ニュー福祉定期と同じような内容の商品ですが、商品の詳細は各金融機関によって異なります。また地域によっては取り扱っていない場合もあります。
個人向け国債とは1万円から購入できる国債です。利率は0・5%保証つきの変動金利商品です。金利は半年毎に見直されるので、今後金利が上昇すれば、国債の金利もUPします。ですから現在のような低金利の時期に購入しても安心です。1年以上たてば国がいつでも額面で買い取ってくれます。